ロシア(旧ソ連)の宇宙開発 ENGLISH

直線上に配置
 ソ連(ソビエト社会主義連邦共和国)は1957年に、世界で初めて人工衛星を打ち上げ、宇宙開発競争で米国より一歩先んじました。
 しかし、1992年にソ連は崩壊し、ロシアなど15カ国よりなるCIS(独立国家共同体)となりました。現在はバルト3国やウクライナなどがCISから離脱し、CISは9か国になっています。
 ロシアの宇宙機関はロスコスモス(Roscosmos)です。
 ソ連/ロシアとして、2017年末までに3500機の衛星を打ち上げています。 衛星リストは別表をご覧ください。

分野別展示室へ


1.宇宙輸送システム

2.有人宇宙飛行
  有人宇宙船
  インテルコスモス計画と国際共同宇宙飛行
  国際宇宙ステーション
  宇宙飛行士

3.宇宙科学
  科学衛星
  月探査
  金星・彗星探査
  火星探査

4.通信放送・測位

5.地球観測

6.技術開発


宇宙ステーション
ミール
(ソ連発行、1987年、SC#5653)



切手の右下にあるCCCPはソ連の略称のロシア語で、英語ではSSSRとなります。
トップ アイコントップページへもどる