国際宇宙ステーション計画(ISS)ENGLISH

直線上に配置 

 ソ連の崩壊に伴い、宇宙開発は米ソの競争から国際的協調の時代に入りました。米国、欧州、日本、ロシア、カナダが参加する国際宇宙ステーションは、地球を周回して微小重力実験を行う国際的な研究室です。


ロシア参加前の国際宇宙ステーション計画

 ロシアが参加する前は、米国・欧州・日本・カナダなどの国際協力による宇宙ステーション建設計画でした。この切手は日本の国際宇宙年記念です。

(日本発行、1992年、SC#2135)



 日本のJEMが進行方向と逆向きに取り付けられる計画でした。この図案はいわば後ろから見たところで、非常に珍しいものです。

(カザフスタン発行、1993年、SC#37)
建設開始直後の国際宇宙ステーション(ISS)

 ロシアのサービスモジュールザーリャ(中央)と米国のモジュールユニティ(右)が連結された状態です。
 ザーリャは998年11月20日にプロトンロケットで打ち上げられ、ユニティは1998年12月4日にスペースシャトルで打ち上げられました。
 ザーリャとは黎明という意味です。また基本機能ブロック(FGB)ともいいます。
 ミール宇宙船のサービスモジュールとほぼ同じ設計です。
(ガイアナ発行、2000年)
建設中の国際宇宙ステーション

 2000年7月12日にロシアのズヴェズダ(図の左端)が、2001年2月7日にアメリカのデスティニー(図の右端)が取り付けられました。この間にP6トラスや太陽電池パネルも取り付けられ、だんだんと宇宙ステーションらしくなっています。

 この切手はフランスの20世紀シリーズの中で、輸送手段に関する5種類の切手(鉄道、船、オートバイ、自動車、超音速機)が含まれますが、宇宙はシートの地にデザインされています。
 


  (フランス発行、2002年)
国際宇宙ステーション完成時の中央部

 ロシアのサービスモジュール、米国のモジュールにさらにトラス、太陽電池パネル、今後打上げ予定のモジュールなども取り付けられた状態の想像図です。参加15カ国の国旗も描かれています。

  (ロシア発行、2000年、SC#6584)

フレーム 国際宇宙ステーション完成時の外観

 進行方向手前から見た最終的な外観予想図で、右下が日本の実験モジュール「きぼう」、結合部分(ハーモニー)を介して左は欧州モジュール「コロンバス」です。ハーモニーの上には米国が資金を出して日本が開発する「セントリフュージ」(人工重力発生装置)がつく予定でしたが、米国の資金不足のため中止になりました。2010年にスペースシャトルが退役するため、このような大きなモジュールを打ち上げることはできなくなります。
 
  (日本発行、2005年)

トップ アイコントップへもどる
直線上に配置