イスラエルの宇宙開発 ENGLISH

直線上に配置
イスラエルは世界で8番目に自力で衛星を打ち上げた国で、2016年末までに18機の衛星を打ち上げています。(別表参照)

1.通信衛星 スペースコムという衛星通信企業がAMOSを運用しています。 

2.地球観測
イスラエルの地球観測衛星オフェク3号 国際標識番号:1995-018A
 オフェク3号はイスラエル宇宙機関(ISA)が1995年にパルマチン射場からシャビット・ロケットにより打ち上げた地球観測衛星です。

(イスラエル発行、1996年、SC#1294)

3.技術開発
イスラエルの技術開発衛星オフェク1号 国際標識番号:1988-087A
 オフェク1号はイスラエル宇宙機関(ISA)が1988年にパルマチン射場からシャビット・ロケットにより打ち上げた技術開発衛星です。

 この切手にはエラーがあります。
(ガイアナ発行、2000年)

4.宇宙輸送システム イスラエルは独自の衛星打上げ能力を持っています。世界で8番目です。
 イスラエルのシャビット・ロケットを打ち上げるパルチマン射場は、西の方向にだけ打ち上げ可能で、地球の自転と逆方向のため、同じ性能のロケットでも他の射場と比べて小さい衛星しか打ち上げられません。
 一種の冗談ですが、シャビットを自転の方向(東)へ打ち上げると代わりに某国からミサイルが飛んでくるという話があります。
トップ アイコンその他の国のトップページへもどる
直線上に配置