国際移動通信衛星機構(インマルサット) ENGLISH

直線上に配置
インマルサットはかつては国際海事通信機構といい、海難救助のSOS信号を中継することを主目的としましたが、今では国際移動通信衛星機構と名称を変え、航空機や船、高山や辺境の旅行者などに利用されています。
インマルサット衛星は2019年末までに19機打ち上げられています。(別表参照)

インド洋のインマルサット衛星がカバーする範囲

 インマルサットはイギリスが中心となって設立され、ロンドンに本部があります。切手では極軌道衛星の軌道と混ざっていてわかりにくいですが、インド洋上 空に静止するINMARSATがカバーする範囲は、図の中央の古いテレビのブラウン管のような形をした領域です。
 地上のアンテナと船の間をINMARSAT経由で電波で結んでいる図案は非常に珍しいものです。
 両側の衛星はMARISATです。
フランス領南極発行、1986年、SC#C98)

トップ アイコン衛星通信のトップページへもどる
直線上に配置